増える体重のメカニズム

MENU

なぜ人間の体重は増えるのでしょうか。
体重の増加に直面したくなくて、体重を測らずにいたら、知らず知らずのうちに肥満になっていたことがあります。

 

どこかに出かけた時や里帰り、年末年始やGWなど長期休暇が終わった後などは、
外食やアルコールの影響で体重が増えることがあります。

 

つい怖くて体重計を見ないようにしてしまいがちです。運動不足な生活をしていて消費カロリー量が少なかったり、
つい食べ過ぎることが多く摂取カロリー量が多いことが、体重が増える背景にあります。

 

肥満解消や体重を減らすには生活や食事を変えることが大事だといいます。
そのためには、まずどう変えればいいか、体重が増える仕組みを考えながら決めましょう。

 

体重が増える仕組みとは、つきつめていえば、使うカロリーが摂取するカロリーより少ないことが原因です。

 

人の体は、体温の維持や臓器の活動、体を動かすために一定のカロリーを必要とします。
食べ物やおやつで、使う量につり合うだけのカロリー摂取をすることが理想的です。
生活活動代謝は日頃の活動で消費するエネルギーで、スポーツなどで使うカロリーも含みます。

 

食事の摂取や、食べたものを消化吸収するため使う食事誘導性熱産生は基礎代謝です。
特定の食べ物を食べたから体重が増えるというのではありません。
体内に取り入れるカロリー量が使うカロリー量より多ければ、体重が増えるという仕組みなのです。

増える体重のメカニズムー肥満解消方法記事一覧

体重が増えるのはカロリーバランスのためです。食事で取り入れるカロリーを減らし、消費カロリーを増やしましょう。摂取カロリーを制限するというのは、脂っぽいもの、高カロリーの食事を改善して、栄養バランスの良い食事内容にするという事です。野菜や果物の摂取量が減り、カロリーの高い料理が多いことが、外食での食事の欠点だと言われています。体に必要な栄養を摂取できるように食事を変えることで、増える体重を減らすこと...