皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満

MENU

皮下脂肪と内臓脂肪という2種の体脂肪が人間の体にはあります。この二つの体脂肪を減らすことでダイエットを行います。
それぞれに特徴があるので知っておいてください。
皮下脂肪は皮膚の下にある皮下組織という部分に付く脂肪です。
体の表面に近い部分にあり、外側からつかめる体脂肪で、つかんだ部分の厚さを測って肥満度を確かめられます。

 

皮膚のたるみが目立ち、見るからに脂肪が蓄えられている様子になるものが皮下脂肪型肥満です。
皮下脂肪が蓄積されて代謝されないままでいるとセルライトができるので、
ダイエット始めるきっかけにはなりやすいでしょう。
ダイエットのきっかけに、皮下脂肪が体重増加の一因となり関節部にウエイトがかかりすぎているためというものもあるようです。

 

高血圧や高脂血症などの生活習慣病も皮下脂肪が多いとなりやすい印象がありますが、
むしろ生活習慣病には内臓脂肪が深く関わっています。
内臓脂肪は、外からはどれだけついているかは判別がつかず、
CTスキャンなどで断面図を見なければわからない隠れ体脂肪というべき存在です。
内臓脂肪は血行のよい内臓のまわりにあるので、蓄積されるのも早いのですが、
ダイエットなどで分解されるのも早いという性質を持っています。

 

内臓脂肪の付き方は性別に関係があります。
すぐに使えるエネルギーを必要とする男性は、皮下脂肪より内臓脂肪が付きやすいのです。
体脂肪率が同じでも、男性より女性の方が内臓脂肪が小さく皮下脂肪が多くなるというパターンが多いようです。
内臓脂肪型肥満は病気を引き起こしやすい肥満なので、健康を維持するためには内臓脂肪を落とすことが必要となるでしょう

皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満関連エントリー

内臓脂肪を燃焼させるための方法
あなたは隠れ肥満ではありませんか?肥満解消、内臓脂肪燃焼のための運動や食事さまざまな方法や原因、予防などと体重管理の情報をまとめてみました。
内臓脂肪の落とし方
皮下脂肪よりも早く内臓脂肪は消費されるのはアクティブに体を動かすことです。 歩くことがスタンダードなので、トレーニングといってもスペシャルなものはいらない落とし方で内臓脂肪を減らすことができるのです