リバウンドの原因となるホメオタシス

MENU

リバウンドが発生する原因には、ホメオスタシオスの機能による影響があります。
極端に食事を減らす肥満解消方法にとり組んだ時、序盤のうちは効果もでやすいといいます。
けれども、停滞期に入ると、それまで減っていた体重が全く減らない状態が続きます。
停滞期の原因となっているのが、ホメオスタシスという体の機能です。

 

食事の量がいきなり減るなど、
生存をおびやかすような危機的状況にはホメオスタシスが働きます。
エネルギー消費量を減少させて体を維持しようとする、生まれつき備わっている機能のことです。

 

肥満解消ダイエット中にホメオスタシス機能が働くと、
食事の量にともなってエネルギー消費量も減少し体重が減らなくなります。
体重が停滞することはリバウンドとは呼ばず、
停滞期の時点ではまだホメオタシスはリバウンドの原因とはいえません。

 

どうして、ホメオスタシスのためにリバウンドが起きてしまうものなのでしょう。
停滞期の最中に挫折し、これまで通りの食事を再開した場合でも、
ホメオスタシスは体に影響を及ぼしています。

 

以前通りの食事量に戻しても、ホメオスタシスはすぐにはそのことに気づかず
省エネ稼働を続けるため、使い切れないカロリーが出てしまいます。
結果的に、摂取カロリー量より消費カロリー量の方が少ないことから、
停滞期が原因でリバウンドが起きるのです。

リバウンドの原因となるホメオタシス関連エントリー

リバウンドしないメカニズムとコツ
せっかく肥満解消のための運動や食事さまざまな方法を行ってももとの体重元盥用にリバウンドしない方法や防止などをまとめてみました