リバウンドしない方法のメカニズムとコツ

MENU

リバウンドしない方法を実践するには、メカ二ズムを理解しておく必要があるでしょう。
どのようにリバウンドを無くすかということが、肥満解消には大切なことです。
きちんとリバウンド防止のメカニズムを理解して、リバウンドをなくしたいものです。

 

リバウンド防止には、まず基礎代謝の低下を知ることが重要です。
1カ月で体重が5%以上減少するほどのダイエットを行うと、
リバウンドの原因となるホメオスタシオス効果が大きくなるというのがそのメカニズムです。

 

リバウンドしない方法のコツは、急激な肥満解消をしないことです。
高い基礎代謝を得るためには、筋肉量を増加させることが必要です。
運動を適度にして体を鍛えると同時に、
脂身の少ない筋肉の増加に役立つたんぱく質や鶏ササミなどの肉を摂取することがおすすめです。

 

リバウンド防止には、体のメカニズムをよく理解することによってつながります。
体重の増減を分析するためにも、肥満解消中はこまめに体重を記録してみましょう。
減らない体重と理由がわからずに向き合っているとストレスとなってしまいます。

 

ダイエットのイライラ感を、今が停滞期に入っているという認識があれば、すこしは解消できるでしょう。
メカニズム上、停滞期は長く続かないこともわかっていますので、
先の展開を見越した肥満解消ができます。
リバウンド防止は、リバウンドのメカニズムを理解することで、適切にできるといえます。

リバウンドしない方法のメカニズムとコツ関連エントリー

リバウンドの原因となるホメオタシス
せっかく肥満解消のための運動や食事さまざまな方法を行ってももとの体重元盥用にリバウンドしない方法や防止などをまとめてみました