脂肪を分解する仕組み

MENU

脂肪の分解の仕組みはどのように行われているのでしょう。
体に付いている脂肪の量をうまくコントロールするには、
脂肪の合成と分解といった体内でのメカニズムをよく知っておく必要があります。

 

内臓脂肪皮下脂肪をひとまとめにして体脂肪といいます。
いらないものと考える人も多いようです。
脂肪酸やブドウ糖を含む食事をすると、それらの栄養素が脂肪細胞で脂肪に合成されます。
生きていくためには必要不可欠な栄養素であり、脂肪細胞として体内に蓄積されています。

 

脂肪を溜め込んでおくことで、万が一カロリーが摂取できなくなった場合でも、
しばらくは体脂肪をエネルギーに使えるようにします。
体内に貯蔵された脂肪は、体内のエネルギー活動によって、
合成されたり分解されたりというのを繰り返しています。

 

体を動かしてエネルギーを使うことで、脂肪の分解を促進することができるといいます。
摂取カロリー以上のエネルギーが必要になると、
脂肪を分解して作ったグリセロールと脂肪酸の一部分が代謝され、エネルギーとなります。

 

体内の脂肪がどんどんエネルギーとして分解されれば、それだけ体脂肪は減ります。
体脂肪は、脂肪が分解されず合成されることが多ければ、増加するでしょう。
筋肉を増強し新陳代謝を高めたり、カロリー消費量の多い活動に取り組むことによって、
脂肪の分解を促進し、肥満解消することができるでしょう。

脂肪を分解する仕組み関連エントリー

脂肪を分解して肥満解消
脂肪の分解をして、肥満解消のための運動や食事さまざまな方法や原因、予防などと体重管理の情報をまとめてみました。