身長や体重

MENU

平均体型の変化

戦前と戦後で大きく変化しているのが、日本人の平均体型というものです。

 

男性が165センチ、女性が153.2センチというのが、1945年の平均身長です。

 

1995年になると5センチ以上も伸びていて、男性171.1センチ、女性158.4センチとなっています。

 

考えられるのは、たかだか50年で人間の遺伝子は変化するわけではありませんので、
他の原因が関係しているということです。

 

個人の身長の変化は、ホルモンバランスや栄養状態によります。
様々な原因が複合しているものとされているのが、集団の平均体型の変化です。

 

男女ともに増えているのが、平均体重です。女性の体格はスリム化の傾向が、
男性の体格は肥満化の傾向があるといいます。

 

男女別、年齢別にBMIの推移を見た場合、体重は横ばいとなっており、身長は伸びているようです。

 

最も低い日本人の体型は、江戸時代から明治末期にかけてだそうです。
大幅に弥生時代から縄文時代にかけては平均身長が伸びていたといわれています。

 

身長は、昔であればあるほど低いというわけではないようです。諸説その原因についてはあるようです。
大陸から渡来してきた民族であったのが弥生時代の日本人だったことや、
農耕に狩猟採集経済から変わったことで、コメが主食になったことが関係しているという説があります。
頭打ちが近づいているのが平均体型の変化で、これからの平均体型については、
平均身長の伸びは止まりつつあるといわれているのです。

身長や体重の時代の変化ー肥満解消方法記事一覧

平均体重と体型にはどんな関係があるのでしょう。体重とは体の質量のことであり、肥満や健康状態の目安や体型の目標とすることが多いようです。どの体の成分が減少したかは、体重の変化だけではわからないものです。場合によっては脂肪が減っていたり、筋肉が減っている場合や、骨が弱っている場合もあるのです。体重を体型や美容の指針とすることは多いですが、どんな数字を目標とすべきかは意外とわかっていないものです。標準体...

どんなふうに平均身長と体型は関連するのでしょう。身長とは体型を形成する要素の一つであり、地面から頭のてっぺんまでの人がまっすぐ立った時の高さを指します。ずいぶんと地域や民族によって平均身長には差があるといいます。それぞれの時代の変化によっても変わるのが、平均身長です。平均身長は昭和中期の日本人の体型と比較して、10センチ近くも伸びているのが、平成の日本人の場合です。身長が変わってくる要因は、成長ホ...