肥満解消運動

MENU

今よりお腹を引き締めた方がいいという状態があります。
体重を落とすために専門医にかかる方が増えていますが、
薬で肥満解消がどうこうできるものではありません。

 

肥満解消するには、自分自身で生活改善を心がけ、運動不足の解消を実践する必要があります。
MRIで内臓脂肪や皮下脂肪量を測ると、結果を元に医師が肥満予防方法を専門的に指導してくれます。
健康障害を起こす要因となる内臓脂肪が多いと肥満症となり、医学的に減量を必要とする状態となります。

 

体内に蓄積されている脂肪量は体脂肪計などでわかりますが、
内臓脂肪を確認するにはCTスキャンでの診断が必要となります。

 

ウエストとヒップの比が男性1:1、女性1:0.8より大きくなると腹回りが大きすぎるため、
健康維持のためにはお腹を引き締めることが求められます。

 

軽い有酸素運動や毎日の腹によって、お腹の引き締めが可能です。
健康的なお腹の引き締めを目指すには急激な運動は控えて、関節や筋肉、
心臓にダメージがいかないような適切な運動が重要になります。

 

体内の脂肪が積極的に使われるよう、毎日有酸素運動をしましょう。
脂肪が燃焼しやすい体質になれば、お腹の引き締めもスムーズに進みます。
お腹の引き締め効果を高めるには、通勤や通学時に一駅余分に歩いたり、階段を使う習慣をつけたりと、
普段の行動の中にも肥満解消の運動を組み込むと効果的です。
不規則な生活やストレスもお腹の引き締めには大敵ですので、健康的な生活を心がけましょう。